2005年02月27日

2月27日 オープン戦 対楽天戦

 123456789
楽天
0000000000
巨人
02010000×3
4回を2安打無失点。巨人の新人・三木はオープン戦初登板で文句のつけようのない成績を残したが、「60点ぐらい」と不満そうな表情を浮かべた。  追い込んでからのナックルボールが定まらず、打者に見極められたのがその理由だ。無四球にも「打者が振りにいくコースに投げられなかった。決め球がワンバウンドになって苦労した」と反省を口にした。  大阪・飛翔館高、八戸大を経て自由枠入団の本格派右腕。堀内監督は昨秋に獲得が決まった時、社会人ナンバーワンと評された野間口(シダックス)よりも「実戦向き」と見込んだ。この日ナックルが勝負球にならないと判断するや、カーブで緩急をつける投球に切り替えて楽天打線を封じた。監督の目に狂いはなかった。  試合後、三木が不満そうだったことを伝え聞いた指揮官は「本当か? これからもっと良くなるのか」と驚き「安定感は新人離れしている。闘争心がある」と高く評価した。今は先発か救援かの適性を見極めている段階だが、開幕一軍へ大きく前進したことは間違いない。
posted by 野球タロウ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オープン戦 対オリックス戦

 123456789
阪神
0210000003
オリックス
0000000202

投げることができる喜びを全身でかみしめるように、マウンド上で躍動した。2003年の右ひじ手術からの復活を目指す阪神の太陽がオリックス戦で先発し、3回を無安打無失点。復活ののろしをあげる好投に「ひじの痛みもなかった。きょうが第1歩」とはつらつとした笑顔を見せた。  2年近くに及ぶ長く苦しいリハビリテーションを乗り越え、太陽が帰ってきた。手術後の対外試合では、昨秋の黒潮リーグ以来となる登板。第1球はリハビリ関係者たちへの感謝の“ありがとう”をつぶやいてから、投げ込んだ。  この日のテーマ、内角への直球は切れ味十分。変化球も巧みに織り交ぜて、テンポよく打者を打ち取る。ひじへの負担を考え、速球で押しまくるかつての強引な姿はなりをひそめ、投手として一回り成長した太陽がいた。  「今は野球が楽しい」と言う一方で「オープン戦に入ったら、結果も大事。僕はチャレンジャーなので、アピールしないと生き残れない」と危機感も忘れない。駒不足が心配される虎の先発投手陣に、さしてきた一筋の光。「太陽は先発ローテーション入り? そりゃそうよ」。岡田監督のきっぱりとした口ぶりに、大きな期待と手応えがにじんだ。
太陽が藪の抜けた穴を埋めてくれることを期待しています。
posted by 野球タロウ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月27日オープン戦 対阪神戦

 123456789
阪神
0210000003
オリックス
0000000202

課題の投手陣で特に活躍が期待される2人が、好対照の結果に終わった。先発候補として仰木監督にも高く評価されている加藤は4回で3失点。ボールも抜け気味に入り、2回には4連打を浴びるなどの内容に「腕が振れてなかった」と反省しきりだった。  一方、9回に登場した山口は打者3人から2三振を奪うなど、抑えとして完ぺきな投球を披露した。「キャンプ中は散々言われていたが、ある程度納得いく結果だった」と、紅白戦計6回で5失点の汚名返上を果たした 今日の加藤はダメでしたね、残念
posted by 野球タロウ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月27日オープン戦結果

オリックス 2 - 3 阪神
日本ハム 0 - 6 中日
横浜 7 - 4 ヤクルト
巨人 3 - 0 楽天
西武 4 - 1 ソフトバンク
posted by 野球タロウ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | オープン戦結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

2月26日オープン戦 対阪神

新生オリックスが上々の船出を果たした。「キャンプから続いていた元気があったしね」と、仰木監督は合併後初のゲームを白星で飾り、柔らかな笑みで久しぶりの勝利の味に酔いしれた。
 課題の投手陣を打線が助けるというテーマを象徴する試合だった。二回に日高の三塁打で2点を先制すると、中盤にも小刻みに点を重ね、終わってみれば16安打で大量11得点。谷、村松と主軸は不出場だったが、仰木監督は「打線が援護できたし、ミスがなかったことの2点に尽きる」と理想的な展開を満足そうに総括した。
 試合中は立ちっぱなしだった仰木監督。「何もすることがなかった」と言いながらも、ベンチから放たれる存在感だけで選手には十分だった。自然とはつらつとしたプレーで応え、先発の山本省も
「監督の初戦なので空回りしてでも気持ちを出した」と気迫のこもった投球を披露した。
 今季から関西2球団となり、ライバルを相手に大きな勝利を飾った。残り4試合ある阪神とのオープン戦を見据えて「どんどんアピールしていきたい」と、安芸に集まった約4000人のファンを前に「仰木オリックス」が存在感を見せつけた

阪神と違って、こっちは良いスタート切れましたね、さすが仰木監督です。
posted by 野球タロウ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月26日オープン戦 対オリックス

新外国人や主力の今岡らも先発メンバーに名を連ねたオープン戦初戦だったが、収穫の少ない試合内容に岡田監督は終始、不機嫌だった。
 特に打ち込まれた杉山とダーウィンには「ストライクが入らんかったら、どうしようもない」と一喝。送球や走塁でも細かいミスが目立ち、攻守が光ったオリックスとは対照的だった

的場のホームランは凄かったです、それだけ。
posted by 野球タロウ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月26日の試合 オープン戦結果

阪神 3 - 11 オリックス
広島 7 - 9 西武
巨人 3 - 4 楽天
中日 (中止) 横浜
ヤクルト (中止) 日本ハム
posted by 野球タロウ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オープン戦結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

開始

2005年度プロ野球ペナントレースBLOGを作りました。
本格始動はペナントレースが始まってからという事でよろしく。
posted by 野球タロウ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。