2005年10月12日

プレーオフ第2ステージ ソフトバンク2-4ロッテ ロッテ先勝

ソフトバンク 2-4 ロッテ 第1戦
勝 藤田 1試合1勝
S 小林雅 1試合1S
敗 杉内 1試合1敗
本塁打 カブレラ1号(1)(セラフィニ)里崎1号(1)(杉内)
ロッテが勢いを持ち込んできていた。2−2の8回、堀の中前打に福浦の右中間二塁打が続き杉内を退けた。2番手の吉武には1死後、べニーが左翼フェンスを直撃の殊勲打で2点を勝ち越した。救援陣にもろさがのぞくソフトバンクの泣きどころを突いた攻撃だった。
 ソフトバンクは2回にカブレラの先制本塁打。7回には的場の適時打で同点と、しぶとく対抗した。しかし、小刻みに投手をつないでくるロッテの防御を突き破ることができなかった。
posted by 野球タロウ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(2) | プレーオフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 広島2-4横浜 横浜4年ぶりAクラス

広島 2-4 横浜 最終戦
勝 三浦 28試合12勝9敗
敗 黒田 29試合15勝12敗
本塁打 緒方21号(1)(三浦)倉4号(1)(三浦)
横浜は4年ぶりのAクラスとなる3位が確定。三浦は2失点で完投し、自己最多タイの12勝目。打線は同点の5回2死二塁から石井の適時内野安打で勝ち越し。8回に佐伯の三塁打で加点した。広島の黒田は単独での最多勝獲得ならず。
posted by 野球タロウ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人の原監督は88番

巨人は12日、原辰徳新監督の背番号が88に決まったと発表した。契約年数は3年。1軍コーチ陣の背番号は次の通り。
 ▽ヘッド 近藤昭仁「80」▽投手 斎藤雅樹「85」▽打撃 岸川勝也「86」▽内野守備走塁 篠塚和典「81」▽バッテリー 村田真一「89」▽トレーニング 伊藤博「78」。
posted by 野球タロウ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落合監督がオーナー報告

中日の落合博満監督は12日、名古屋市内で白井文吾オーナーに、2位に終わった今シーズンの報告をした。
 昨年果たせなかった日本一を公言してスタートしたが、阪神に敗れた。白井オーナーによると落合監督は「優勝を逃して申し訳なかった。来シーズンはチームを立て直します」などと今季の反省と、ペナント奪還への決意を語ったという。
 同オーナーは「監督の力量は発揮したと思う」と手腕を評価。来年、3年契約の3年目を迎える同監督について「うまくいくのなら、ずっとやってもらいたいと思っている」と語った。
posted by 野球タロウ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ヤクルト・青木、イチロー以来の200安打達成!

プロ野球ヤクルト・スワローズの青木宣親外野手は11日、神宮球場でのヤクルトvs.横浜戦の第1打席に右前打を放ち、1994年のイチロー(当時オリックス)以来2人目のシーズン200安打を達成した。
posted by 野球タロウ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 ヤクルト5-0横浜

ヤクルト 5-0 横浜
勝 館山 25試合10勝6敗
敗 門倉 28試合11勝8敗
本塁打 ラミレス32号(2)(門倉)
ヤクルトは館山が投打に活躍した。マウンドでは8回を5安打無失点で10勝目。打撃でも3−0の6回に決定的な2点適時打を放った。青木は2安打をマークし、今季201安打とした。横浜は3位を確定できなかった。
posted by 野球タロウ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

プレーオフ第1ステージ ロッテ3-1西武 ロッテ第2ステージ進出

ロッテ 3-1 西武 第2戦
勝 小林宏 1試合1勝
S 小林雅 2試合2S
敗 西口 1試合1敗
本塁打 中村1号(1)(小林宏)
(通算成績はロッテの2勝。ロッテは第2ステージ進出)
先発小林宏から藤田―小林雅への継投が決まり、攻めても好機を確実に生かした。点差は少なくてもロッテの快勝だろう。
 ロッテは一回、先頭小坂の三塁打と堀の中犠飛で先制。六回には4安打を集めて効果的な2点を奪った。小林宏は七回まで2安打無失点。八回に中村に一発を浴びたが、変化球がさえた好投だった。藤田、小林雅もきちんと役目を果たした。
 西武は打線が情けなかった。西口にまともな援護ができず、勝機が遠かった。
posted by 野球タロウ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーオフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月9日 試合結果

横浜 3-3 ヤクルト 20回戦
(延長12回規定により引き分け)
延長12回引き分けで、横浜がこのカードの勝ち越しを決めた。横浜は2回に相川の犠飛などで3点を先行。だが、吉見が7回につかまり、志田、青木に適時打を許して同点にされた。青木は2安打でシーズン199安打。
posted by 野球タロウ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリーグプレーオフ第1ステージ ロッテ1勝

ロッテ 2-1 西武
勝 薮田 1試合1勝
敗 小林雅 1試合1S
敗 三井 1試合1敗
本塁打 栗山1号(1)(渡辺俊)
ロッテが接戦を制して先勝した。渡辺俊の好投と、中軸のしぶとい巧打が勝因となった。
 勝ち越しは同点の8回。代わったばかりの三井から先頭福浦の右翼線二塁打とサブローの中前打で一、三塁。ここでフランコが詰まりながら中前に落とした。渡辺俊は1回、先頭の栗山にいきなり一発を浴びたが、その後は丁寧な投球で7回1失点で切り抜けた。
 松坂も力投した。5回の無死満塁も1失点にとどめ、味方の反撃を待ったが、打線はカブレラ抜きで迫力を欠いた。
posted by 野球タロウ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーオフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月8日試合結果

横浜 8-1 ヤクルト
勝 土肥25試合10勝10敗
敗 ゴンザレス27試合4勝6敗
本塁打 村田24号(3)(ゴンザレス)城石2号(1)(土肥)
横浜の土肥が8回途中1失点で初の10勝をマークした。打線は2回、村田の24号3ランで先制。5−1の6回には土肥の適時二塁打などで3点で大勢を決め、Aクラス入りへ前進した。ヤクルトの青木は2安打で今季197安打。
posted by 野球タロウ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

プロ野球試合結果 中日1-6横浜 ヤクルト4-13広島

中日 1-6 横浜 最終戦
勝 斎藤 21試合3勝4敗
敗 中里 2試合1勝1敗
本塁打 多村31号(2)(中里)ウッズ38号(1)(斎藤)小池20号(1)(小林)
横浜は3回、多村の31号2ランで先制。1点リードの7回は小池、金城の連続適時打で2点を加え、その後も小池の20号ソロなどで差を広げた。斎藤が6回1失点で3勝目。中日は80勝を目前にしながら5連敗で全日程を終了した。

ヤクルト 4-13 広島 最終戦
勝 黒田28試合15勝11敗
敗 吉川60試合3勝3敗
本塁打 栗原15号(2)(丸山貴)嶋26号(2)(丸山貴)27号(3)(三沢)
島の黒田がリーグトップに並ぶ15勝を挙げ、最多勝をほぼ確実にした。2番手で登板。4回2失点ながら打線の援護を受けた。4−4の8回に新井が2点三塁打を放った。200安打を狙うヤクルトの青木は2安打し195安打。

posted by 野球タロウ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

青木がセリーグ新記録の193安打 200安打まで残り5試合

ヤクルトの青木宣親外野手(23)が6日、中日最終戦(神宮)で今季通算193安打を放ち、セ・リーグ新記録をマークした。同選手は今季チーム141試合目の1回に佐藤投手から左前安打を放った。
 これまでの記録は1999年(135試合制)のローズ(横浜)の192安打。プロ野球記録は94年(130試合制)にイチロー(当時オリックス)が樹立した210本。青木は今季あと5試合を残している。
 青木は2004年に早大からドラフト4巡目で入団し、イースタン・リーグで首位打者を獲得。今季は1軍で定位置を奪い、リーグで打率トップに立っている。
posted by 野球タロウ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原監督 所信表明

チーム再建という重い使命を背負い、第2次原政権がスタートした。巨人は5日、堀内恒夫監督(57)の今季限りでの退任と、原辰徳新監督(47)の就任を発表した。原新監督は都内のホテルで正式要請を受諾。会見後に広島との今季最終戦(東京ドーム)でテレビ解説を務め来季構想を披露した。3年契約で臨む3年ぶりの第2次政権で、再建とV奪回という2つの難題に挑む。

 カメラマンからの猛烈なフラッシュにも、原新監督は厳しい表情を崩さなかった。滝鼻オーナーと並んで壇上での就任会見。4年前の01年9月、ヘッドコーチから昇格し初めて指揮官になった時とは明らかに違う。それは“決意表明”にも如実に表れていた。

 「ジャイアンツに対する愛情、情熱、責任の重さを背負って、最高のチームをつくりたいと今、強く思っています。愛情と再建の情熱。この2つを持って最高のチームをつくる。これは声を大にしてお伝えします」
posted by 野球タロウ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 ヤクルト3位に浮上

ヤクルト 5-0 中日 最終戦
勝 松岡 4試合1勝2敗
敗 佐藤 3試合1勝1敗
本塁打 ラミレス31号(1)(佐藤)
ヤクルトが3位に浮上した。打線は1回に佐藤の立ち上がりを攻め、ラミレス、真中、城石の適時打で3点を先制。松岡が緩急を使い分け、6回を3安打無失点でプロ初勝利を挙げた。中日はわずか4安打で4連敗を喫した。
posted by 野球タロウ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ヤクルトの古田が1000打点

ヤクルトの古田捕手は5日、中日21回戦(神宮)の8回に高橋聡投手から代打で左へ適時打を放ち、通算1000打点を達成した。プロ野球27人目。初打点は1990年4月30日の巨人5回戦(神宮)で木田から。 
posted by 野球タロウ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 巨人80敗目 阪神鳥谷サヨナラホームラン 下柳15勝目

巨人 1-4 広島 最終戦
勝 デイビー 18試合6勝6敗
S ベイル 50試合2勝1敗24S
敗 高橋尚 27試合8勝12敗
本塁打 高橋由17号(1)(デイビー)
巨人は最終戦を勝利で飾れず、80敗で今季を終えた。先発の高橋尚が1回1死から5連打を浴びるなど4失点。打線は好機を生かせず、得点は1回の高橋由のソロによる1点だけだった。広島はデイビーが6回1失点と好投した。

阪神 3x-2 横浜 最終戦
勝 下柳 24試合15勝3敗
敗 加藤 44試合4勝6敗
本塁打 鳥谷8号(1)(門倉)9号(1)(加藤)
阪神は2−2の延長10回に鳥谷が左中間にサヨナラ本塁打、球団最多記録に並ぶ87勝目を挙げ、今季最終戦を終えた。10回を2失点で今季初完投の下柳が、最多勝争い単独トップに立つ15勝目。横浜は8月3日以来の勝率5割を逃した。

ヤクルト 6-4 中日 21回戦
勝 吉川 59試合3勝2敗
S 石井 58試合4勝3敗36S
敗 朝倉 16試合5勝7敗
ヤクルトは1点を勝ち越された直後の8回2死一、三塁から代打・古田の三遊間を破る適時打で同点。さらに満塁から、小野が左越えに走者一掃の二塁打を放った。3点リードの9回は石井が締めて今季36セーブ目。
posted by 野球タロウ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

広島・前田が300二塁打達成

広島の前田外野手は4日の巨人21回戦(東京ドーム)の5回、野間口投手から右翼線へ適時二塁打を放ち、通算300二塁打を達成した。プロ野球44人目。初二塁打は1990年6月6日のヤクルト8回戦(広島)の1回、西村投手から。 
posted by 野球タロウ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 

巨人 3-2 広島 21回戦
勝 野間口 9試合4勝3敗
S 林 54試合2勝2敗18S
敗 黒田 27試合14勝11敗
本塁打 川中4号(2)(黒田)5号(1)(黒田)
巨人は川中が2本塁打。1回に右中間へ2ラン、6回は右越えソロを放った。野間口は7月18日以来の4勝目。7回以降は4人の継投でしのいだ。広島は5、7回に1点ずつ返すが逆転までは至らず。黒田の15勝目はならなかった。

阪神 4-6 横浜 21回戦
勝 三浦 27試合11勝9敗
S クルーン 53試合3勝2敗26S
敗 井川 27試合13勝9敗
本塁打 林1号(1)(三浦)金本40号(1)(三浦)多村30号(1)(井川)金城12号(2)(井川)小池19号(1)(ウィリアムス)
横浜は防御率、奪三振の2冠を狙う三浦が、6回を8奪三振の2失点で11勝目。打線は6回に金城が逆転2ラン、7回以降も着実に加点した。阪神は林のプロ初本塁打、金本の40号ソロで先行したが、先発井川がさえなかった。

ヤクルト 2-1 中日 20回戦
勝 石堂4試合1勝2敗
S 石井57試合4勝3敗35S
敗 中田15試合8勝3敗
ヤクルトは2回、小野の適時打で先制。5回に岩村の二塁打で加点した。石堂は7回1失点で今季初勝利。石井が35セーブ目。シーズン192安打でリーグ記録に並んでいる青木は無安打だった。中日・中田の連勝は6でストップした。
posted by 野球タロウ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

プロ野球 2005年高校生ドラフト

阪神
1 鶴 直人 投 近大付高
2 × × ×
3 若竹 竜士 投 育英高
4 前田 大和 内 樟南高
   
中日
1 平田 良介 外 大阪桐蔭高
2 × × ×
3 春田 剛 外 水戸短大付高
4 高江洲 拓哉 投 府中工高
5 金本 明博 投 酒田南高
   
横浜
1 山口 俊 投 柳ケ浦高
2 × × ×
3 黒羽根 利規 捕 日大藤沢高
 
ヤクルト
1 村中 恭平 投 東海大甲府高
2 × × ×
3 川端 慎吾 内 市和歌山商高
4 水野 祐希 捕 東邦高
 
巨人
1 辻内 崇伸 投 大阪桐蔭高
2 × × ×
3 加登脇 卓真 投 北照高
4 福井 優也 投 済美高
   
広島
1 鈴木 将光 外 遊学館高
2 今井 啓介 投 中越高
3 斉藤 悠葵 投 福井商高
4 相澤 寿聡 投 太田市商高

ソフトバンク
1 荒川 雄太 捕 日大高
2 × × ×
3 大西 正樹 投 神戸国際大付高
4 大田原 隆太 投 都城工高
5 川口 容資 投 楊志館高
   
ロッテ
1 柳田 将利 投 青森山田高
2 林 啓介 投 福井商高
3 末永 仁志 投 南京都高
4 細谷 圭 内 太田市商高

西武
1 炭谷 銀仁朗 捕 平安高
2 × × ×
3 田沢 由哉 投 旭川大高
4 田中 靖洋 投 加賀高
 
オリックス
1 岡田 貴弘 外 履正社高
2 × × ×
3 柴田 亮輔 内 愛工大名電高

日本ハム
1 陽 仲壽 内 福岡第一高
2 × × ×
3 木下 達生 投 東邦高
4 今成 亮太 捕 浦和学院高
 
楽天
1 片山 博視 投 報徳学園高
2 × × ×
3 宇部 銀次 捕 盛岡中央高
4 枡田 慎太郎 外 智弁学園高
posted by 野球タロウ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人元木が引退を表明

巨人の元木大介内野手(33)が3日、東京・大手町の球団事務所で今季限りでの現役引退を表明した。
 9月末に球団から戦力外通告を受けた直後にオリックスから入団要請があったが、元木は「巨人のユニホームを着た時から巨人で終わりたいという気持ちが強かった」と語った。今後は未定。
 元木は大阪・上宮高時代の1989年のドラフト会議でダイエーから指名を受けたが、入団を拒否した。翌90年に巨人からドラフト1位指名を受けて入団。勝負強い打撃には定評があった。プロ15年間の通算成績は1204試合、打率2割6分3厘、66本塁打、378打点。
 すでに引退を表明している西山秀二捕手、後藤孝志内野手とともに、巨人の今季最終戦となる5日の広島戦(東京ドーム)に出場し、最後の雄姿を見せる予定。
posted by 野球タロウ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。