2005年10月02日

プロ野球試合結果 

ヤクルト 0-7 阪神
勝 杉山 23試合9勝6敗
敗 藤井 26試合9勝12敗
本塁打 鳥谷7号(2)(藤井)今岡29号(1)(藤井)
阪神が藤井を攻略して快勝した。3回に鳥谷の2ランで先制し、6回には5連打で3点を奪った。先発の杉山が6回無失点で9勝目を挙げた。ヤクルトの青木は1安打でリーグタイ記録となるシーズン192安打をマークした

巨人 1-0 横浜
勝 上原 27試合9勝12敗
敗 吉見 11試合4勝2敗
本塁打 高橋由16号(1)(吉見)
巨人は上原の完封で連敗を6で止め、単独5位が確定した。上原は無四球で5安打に抑え、9勝目。打線は6回に高橋由が吉見から右中間に16号ソロを放ち、この一発が決勝点となった。横浜は勝率5割復帰のチャンスを逃した。

中日 2-4 広島
勝 大島 7試合2勝2敗
S ベイル 49試合2勝1敗23S
敗 川井 4試合1敗
本塁打 前田32号(2)(川井)
広島は0−2の4回、新井の左前打で1点差とし、続く前田が右翼ポール際に逆転の32号2ランを放った。5回2失点の大島が8月24日以来の2勝目。広島はナゴヤドームで今季初勝利を挙げた。中日の連勝は3で止まった。
posted by 野球タロウ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清原和博内野手の退団が決定 巨人が自由契約を発表

プロ野球巨人は1日、清原和博内野手(38)を自由契約にすると発表し、退団が正式に決まった。
 今季が4年契約の最終年となった清原は打率2割1分2厘と精彩を欠き、8月には痛めていた左ひざを手術。さらに世代交代を進めるチームの方針から、来季の戦力構想から外れていた。
 来季も現役続行を望む清原には、オリックスの監督を退き、球団シニアアドバイザーに就任する仰木彬氏が獲得を目指す意向を明言している。
posted by 野球タロウ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日の岩瀬、プロ新記録の46S

中日の岩瀬投手は1日の広島21回戦(ナゴヤドーム)で今季46セーブ目を挙げ、シーズン最多セーブのプロ野球新記録を樹立した。従来の記録は1998年に佐々木投手(横浜)が残した45セーブ。岩瀬は前日の広島戦でこれに並んでいた。 
posted by 野球タロウ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 広島最下位決定

ヤクルト 5-10 阪神 21回戦
勝 安藤 24試合11勝5敗
敗 ゴンザレス 26試合4勝5敗
本塁打 金本39号(3)(ゴンザレス)
阪神は1回に金本、今岡の適時打で2点を先制し、5回は金本が39号3ランを放った。安藤は6回まで5失点ながら7連勝で11勝目。赤星は2盗塁で3年連続60盗塁。ヤクルトの青木はシーズン191安打とし、リーグ記録にあと1本。

巨人 3-9 横浜 21回戦
勝 土肥 24試合9勝10敗
敗 西村 12試合2勝4敗
本塁打 矢野7号(1)(土肥)
横浜は土肥が緩急を使い、6回を6安打3失点で今季このカード7勝目を挙げた。打線は4−3の7回に種田が右前に2点適時打、9回は村田と相川の連続二塁打で3点を奪った。巨人は今季2度目の6連敗を喫した。

中日 6-3 広島 21回戦
勝 中里 1試合1勝
S 岩瀬 60試合1勝2敗46S
敗 大竹 27試合10勝12敗
本塁打 ウッズ37号(1)(大竹)
中日の岩瀬がプロ野球記録を更新する46セーブ目を挙げた。アレックスの逆転二塁打などで6−3となった9回を無失点で切り抜けた。4年ぶりに登板の2番手、中里がプロ初勝利を挙げた。広島は1993年以来の最下位が確定した。
posted by 野球タロウ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。