2005年10月05日

ヤクルトの古田が1000打点

ヤクルトの古田捕手は5日、中日21回戦(神宮)の8回に高橋聡投手から代打で左へ適時打を放ち、通算1000打点を達成した。プロ野球27人目。初打点は1990年4月30日の巨人5回戦(神宮)で木田から。 
posted by 野球タロウ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球試合結果 巨人80敗目 阪神鳥谷サヨナラホームラン 下柳15勝目

巨人 1-4 広島 最終戦
勝 デイビー 18試合6勝6敗
S ベイル 50試合2勝1敗24S
敗 高橋尚 27試合8勝12敗
本塁打 高橋由17号(1)(デイビー)
巨人は最終戦を勝利で飾れず、80敗で今季を終えた。先発の高橋尚が1回1死から5連打を浴びるなど4失点。打線は好機を生かせず、得点は1回の高橋由のソロによる1点だけだった。広島はデイビーが6回1失点と好投した。

阪神 3x-2 横浜 最終戦
勝 下柳 24試合15勝3敗
敗 加藤 44試合4勝6敗
本塁打 鳥谷8号(1)(門倉)9号(1)(加藤)
阪神は2−2の延長10回に鳥谷が左中間にサヨナラ本塁打、球団最多記録に並ぶ87勝目を挙げ、今季最終戦を終えた。10回を2失点で今季初完投の下柳が、最多勝争い単独トップに立つ15勝目。横浜は8月3日以来の勝率5割を逃した。

ヤクルト 6-4 中日 21回戦
勝 吉川 59試合3勝2敗
S 石井 58試合4勝3敗36S
敗 朝倉 16試合5勝7敗
ヤクルトは1点を勝ち越された直後の8回2死一、三塁から代打・古田の三遊間を破る適時打で同点。さらに満塁から、小野が左越えに走者一掃の二塁打を放った。3点リードの9回は石井が締めて今季36セーブ目。
posted by 野球タロウ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。