2005年10月09日

プレーオフ第1ステージ ロッテ3-1西武 ロッテ第2ステージ進出

ロッテ 3-1 西武 第2戦
勝 小林宏 1試合1勝
S 小林雅 2試合2S
敗 西口 1試合1敗
本塁打 中村1号(1)(小林宏)
(通算成績はロッテの2勝。ロッテは第2ステージ進出)
先発小林宏から藤田―小林雅への継投が決まり、攻めても好機を確実に生かした。点差は少なくてもロッテの快勝だろう。
 ロッテは一回、先頭小坂の三塁打と堀の中犠飛で先制。六回には4安打を集めて効果的な2点を奪った。小林宏は七回まで2安打無失点。八回に中村に一発を浴びたが、変化球がさえた好投だった。藤田、小林雅もきちんと役目を果たした。
 西武は打線が情けなかった。西口にまともな援護ができず、勝機が遠かった。
posted by 野球タロウ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーオフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月9日 試合結果

横浜 3-3 ヤクルト 20回戦
(延長12回規定により引き分け)
延長12回引き分けで、横浜がこのカードの勝ち越しを決めた。横浜は2回に相川の犠飛などで3点を先行。だが、吉見が7回につかまり、志田、青木に適時打を許して同点にされた。青木は2安打でシーズン199安打。
posted by 野球タロウ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリーグプレーオフ第1ステージ ロッテ1勝

ロッテ 2-1 西武
勝 薮田 1試合1勝
敗 小林雅 1試合1S
敗 三井 1試合1敗
本塁打 栗山1号(1)(渡辺俊)
ロッテが接戦を制して先勝した。渡辺俊の好投と、中軸のしぶとい巧打が勝因となった。
 勝ち越しは同点の8回。代わったばかりの三井から先頭福浦の右翼線二塁打とサブローの中前打で一、三塁。ここでフランコが詰まりながら中前に落とした。渡辺俊は1回、先頭の栗山にいきなり一発を浴びたが、その後は丁寧な投球で7回1失点で切り抜けた。
 松坂も力投した。5回の無死満塁も1失点にとどめ、味方の反撃を待ったが、打線はカブレラ抜きで迫力を欠いた。
posted by 野球タロウ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーオフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月8日試合結果

横浜 8-1 ヤクルト
勝 土肥25試合10勝10敗
敗 ゴンザレス27試合4勝6敗
本塁打 村田24号(3)(ゴンザレス)城石2号(1)(土肥)
横浜の土肥が8回途中1失点で初の10勝をマークした。打線は2回、村田の24号3ランで先制。5−1の6回には土肥の適時二塁打などで3点で大勢を決め、Aクラス入りへ前進した。ヤクルトの青木は2安打で今季197安打。
posted by 野球タロウ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナントレース試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。