2005年10月14日

プレーオフ第2ステージ 第2戦ロッテ連勝でリーグ優勝に王手

ソフトバンク 2-3 ロッテ 第2戦
勝 清水 1試合1勝
S 小林雅 2試合2S
敗 斉藤 1試合1敗
本塁打 カブレラ2号(1)(清水)川崎1号(1)(清水)
ロッテが2連勝でリーグ優勝に迫った。勝因は先発した清水の好投と、チャンスに集中力が増す打線の粘っこさだろう。
 逆転した6回は、先頭の西岡が右翼線への二塁打。1死を挟んで堀とサブローの四球が効いている。斉藤が勝負をかけたフォークボールを見極め、後続につないだ。この満塁にフランコが左中間二塁打、ベニーの三ゴロで3点を奪った。
 ソフトバンクは中軸打者が清水に封じられ、カブレラと川崎の本塁打による2点止まり。投手の頑張りが空転している。
posted by 野球タロウ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(2) | プレーオフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。