2005年10月25日

沢村賞にソフトバンク・杉内

今年のプロ野球で最も活躍した先発完投型投手に贈られる沢村賞の選考委員会(委員長・藤田元司元巨人監督)が24日、東京都内のホテルで開かれ、18勝を挙げてパ・リーグ最多勝と最優秀防御率の両タイトルに輝いたソフトバンクの杉内俊哉投手(24)が選ばれた。同投手は初受賞。ソフトバンクからの受賞は2003年の斉藤和巳(当時ダイエー)以来。
 杉内は26試合で196回3分の2を投げ、防御率2.11、勝率8割1分8厘、完投8、218奪三振。チームのレギュラーシーズン1位の原動力となった。
 選考過程で、杉内は投球回数と完投試合数で審査基準に足りなかったが、成績がロッテ・渡辺俊、ソフトバンク・斉藤、西武・西口などの他候補を引き離しているとして、満場一致で選出された。 
posted by 野球タロウ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤクルト、古田新監督始動

プロ野球で29年ぶりに選手兼任として指揮を執る古田新監督の下、ヤクルトが25日、神宮外苑のグラウンドで秋季練習をスタートさせた。
 古田監督はまず、クラブハウスに1、2軍のコーチ、選手全員を集め、「ある程度変化がないと進歩につながらないと思う。可能性を信じて挑戦してほしい」などとあいさつ。外野手の青木、志田らに内野守備の練習をさせるなど、早速「古田カラー」を打ち出した。
 別のポジションへの挑戦は、攻撃力を最大限に引き出そうとの意図から。投手陣の先発、救援などの適性も見直すつもりだ。青木も「プレーの幅が広がる」と前向きに受け止めている。
 約70人の報道陣が詰めかけるなど注目度抜群の新監督。「この場面では見ているだけでいいのかな、とかコーチに聞きながらやった。正直、居場所がまだわかっていない」と、にこやかに初日を振り返ったが、「許せないこと? あきらめの早いやつかな」と厳しい一面ものぞかせた
posted by 野球タロウ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズ第三戦 ロッテ3連勝で日本一へ王手

阪神 1-10 ロッテ 第3戦
勝 小林宏 1試合1勝
敗 下柳 1試合1敗
本塁打 福浦1号(4)(桟原)
ロッテが3試合連続の2けた得点で3連勝、勢いが加速して日本一へあと1勝とした。
 7回にビッグイニングが生まれた。まず無死満塁から代打橋本の中前打で2点。西岡も適時打で続き、再度の無死満塁から福浦が右翼へライナーでの一発。スタンドの悲鳴の中で勝負がついた。先発小林宏は6回1失点、低めの変化球が効果的で安定した内容だった。
 阪神はまた打てなかった。赤星が塁に出られず、金本も沈黙が続く。キーマンが機能せず、打線が死んでいる。
posted by 野球タロウ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。