2005年11月04日

プロ野球オーナー会議 楽天問題は継続審議

プロ野球オーナー会議が4日、札幌市内のホテルで行われ、楽天イーグルスを保有する楽天が、横浜ベイスターズの親会社TBSの筆頭株主になり野球協約違反が指摘されている問題を協議したが、結論は出さずに継続審議とした。
 会議の議長を務めるオリックスの宮内義彦オーナーは記者会見で「協約に抵触の疑いが強いという意見が多かったが、次回のオーナー会議まで(楽天とTBS統合問題の)推移を拝見させていただき、その結果によって次のステップに進みたい」と語った。
 野球協約では公正な試合確保のため、球団やオーナーによる他球団の株式保有を原則禁止している。オーナー会議に出席した楽天の三木谷浩史オーナーは、会議後、「不公正なことをしているわけではない」と述べた。
posted by 野球タロウ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金本知憲と杉内俊哉がMVP初受賞 新人王は青木宣親と久保康友

プロ野球の最優秀選手(MVP)に4日、セ・リーグは阪神の2年ぶりのリーグ制覇に貢献した金本知憲外野手、パは最多勝と最優秀防御率のタイトルに輝いたソフトバンクの杉内俊哉投手が選ばれた。ともに初受賞。
 最優秀新人(新人王)は史上2人目のシーズン200安打を達成し、首位打者に輝いたヤクルトの青木宣親外野手と、10勝(3敗)を挙げたロッテの久保康友投手が選出された。
 プロ野球担当記者による投票結果が同日、セ・パ両リーグから発表され、金本は次点の藤川球児投手(阪神)に大差をつけた。杉内は1位票で打撃2冠の松中信彦(ソフトバンク)を下回ったものの、2位票でポイントを稼いだ。
 ベストナインはパで過去最多に並ぶ7人が初受賞。ロッテから日本シリーズMVPの今江敏晃三塁手、堀幸一二塁手ら4選手が選ばれ、堀は最も遅い18年目で初受賞。セは阪神から打点王の今岡誠三塁手、赤星憲広外野手ら4人、最下位の広島から最多勝の黒田博樹投手と本塁打王の新井貴浩一塁手が初めて選ばれた。オリックスは阪急時代を含めて39年ぶり、巨人は12年ぶりに受賞者が出なかった。
posted by 野球タロウ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。