2005年11月08日

ゴールデングラブ賞発表

プロ野球の守備の名手に贈られる三井ゴールデン・グラブ賞が8日発表され、31年ぶりの日本一に輝いたロッテが福浦和也一塁手と西岡剛二塁手、今江敏晃三塁手、小坂誠遊撃手でパ・リーグの内野手部門を独占した。ロッテはサブロー外野手を含め、球団最多の5人が受賞した。
 パではそのほか、松坂大輔(西武)が3年連続で投手部門リーグ最多の6度目の受賞。城島健司(ソフトバンク)は捕手部門で両リーグ最多の7年連続受賞。新庄剛志外野手(日本ハム)は2年連続で、阪神時代を含めて9度目の受賞となった。
 セ・リーグ制覇の阪神は矢野輝弘捕手とシーツ一塁手、赤星憲広外野手が受賞した。荒木雅博二塁手は2年連続でリーグ最多の168票を獲得。中日からはそのほか井端弘和遊撃手と福留孝介外野手も選出された。最多勝の黒田博樹投手(広島)は初受賞。巨人からは2年続けて選出されなかった。
 選考は全国の新聞、通信、放送各社のプロ野球担当記者の投票で行われ、有効投票総数はセが187、パが142。
posted by 野球タロウ at 22:02| Comment(50) | TrackBack(4) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。