2005年06月03日

ソフトバンクの杉内が連続受賞、セリーグ野手は9年ぶり金本−プロ野球・月間MVP

セ、パ両リーグは3日、5月の月間最優秀選手(MVP)を発表。セは黒田博樹投手(広島)と金本知憲外野手(阪神)、パは杉内俊哉投手(ソフトバンク)と石井義人内野手(西武)がそれぞれ選ばれた。
 黒田は月間3完投を含む4勝1敗、防御率2.14の成績で4年ぶり2度目の受賞。金本は打率4割4厘、8本塁打、29打点の好成績を残し、9年ぶり2度目の受賞。
 杉内は4勝1敗、防御率1.67で4月に続く3度目の受賞。パ投手の連続受賞は、昨年の岩隈久志(近鉄=現楽天)に次いで5人目。石井は打率3割9分5厘を記録し、入団9年目で初受賞。 

バナー
posted by 野球タロウ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。