2005年07月04日

交流戦来季も1球団36試合 開催方法などは継続協議

プロ野球の実行委員会が4日、東京都内で開かれ、来季が導入2年目となるセ、パ両リーグによる交流戦について協議し、今季と同じ各カード6試合(ホーム、ビジターそれぞれ3試合)の1チーム36試合制で実施することを了承した。
 オールスター前に開催することは変わらないが、一時期に集中開催にせず、前後半に分ける案もあり、今後はセ、パの営業担当者会議などで調整してから決定する予定。
 また、今秋のドラフト会議で四国独立リーグから選手を獲得する場合は全選手を対象としていたが、来季以降は高校卒業後は3年、大学卒業後は2年を経ないと指名できないことで合意した。またドラフト改革や選手枠拡大などの構造改革は13日の12球団代表者会議で集中討議することになった。
posted by 野球タロウ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。