2005年08月31日

プロ野球試合結果 阪神と中日ゲーム差0.5

阪神 5-7 中日 16回戦
勝 川上 21試合11勝5敗
S 岩瀬 50試合1勝1敗38S
敗 井川 22試合11勝6敗
本塁打 今岡22号(2)(川上)矢野14号(1)(川上)ウッズ31号(4)(井川)福留20号(1)(井川)桧山7号(1)(川上) 
中日は0−3の3回、ウッズの逆転満塁弾などで5点、4回にも2点を加えた。終盤は小刻みな継投でかわし今季2度目の7連勝で、首位阪神に0・5ゲーム差と迫った。川上は11勝目。阪神は井川が4回途中、7失点で沈んだ

巨人 8-7 ヤクルト 16回戦
勝 久保 54試合6勝3敗7S
S 林 46試合2勝2敗11S
敗 五十嵐 37試合3勝2敗4S
本塁打 岩村24号(1)(ミアディッチ)二岡15号(3)(ゴンザレス)小久保27号(1)(ゴンザレス)
巨人が6点差をひっくり返し、連敗を3で止めた。6−6の8回に二岡の犠飛、小久保の適時打で2点を勝ち越した。6回以降は救援陣が何とか踏ん張り、勝機をつないだ。ヤクルトは投手陣がリードを守れず、連勝は4でストップ。

横浜 11-4 広島 15回戦
勝 加藤 33試合4勝5敗
敗 大島 3試合1勝1敗
本塁打 石井5号(2)(広池)栗原11号(2)(秦)多村25号(1)(天野)新井37号(2)(秦)
横浜が序盤の猛攻で連敗を5で止めた。1回に種田、村田の連続2点二塁打などで5点を先制。2回に3点、3回には石井の2ランで大勢を決めた。広島は新井の37号2ランなどで反撃したが、先発・大島の失点が重過ぎた

ソフトバンク 6-3 ロッテ 16回戦
勝 斉藤 18試合15勝
S 馬原 35試合6勝6敗17S
敗 清水 21試合9勝10敗
本塁打 カブレラ8号(2)(清水)
ソフトバンクがこの2連戦2連勝し、1位マジック15を初点灯させた。5回、カブレラの2ランと犠飛で逆転。6、8回に鳥越が2打席連続適時打して加点した。斉藤は8回途中まで3失点で、開幕15連勝のプロ野球タイ記録をマーク。

オリックス 1-8 西武 17回戦
勝 松坂 24試合11勝12敗
敗 川越 20試合5勝8敗
本塁打 カブレラ34号(1)(川越)中島10号(1)(阿部健)片岡4号(3)(阿部健)
西武が今季初の5連勝で3位に浮上した。同点の7回に中島の適時二塁打などで3点を勝ち越し。9回にも片岡の3ランなどで4点を奪った。丁寧な投球が光った松坂は1失点完投で11勝目。オリックスは3度目の5連敗で4位転落

楽天 6-1 日本ハム 18回戦
勝 朝井 12試合2勝4敗
敗 金村 23試合11勝10敗
楽天は、朝井のプロ初完投勝利で連敗を5で止めた。カーブなどで緩急を大胆に使い、許したのは7安打。打線は2回に佐竹の二塁打などで2点を先行し、中盤に川口の2本の適時打などでリードを広げた。日本ハムは5連勝を逃した。
posted by 野球タロウ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

西武3位浮上でオリックス5連敗借金5
Excerpt: 08月31日  オリックスバファローズ 対 西武ライオンズ  9勝8敗0分 17
Weblog: ドラジェfrom北河内
Tracked: 2005-09-01 01:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。