2005年09月29日

阪神、2年ぶりのリーグ優勝

セ・リーグの優勝マジックを「1」としている阪神は29日、甲子園で巨人と対戦。5ー1と勝利して、2年ぶり9度目(1リーグ時代を含む)の優勝を遂げた。

 初回、2死二塁から金本のライト前ヒットで1点を先制すると、2回には関本のレフト前タイムリーヒット、赤星のセカンドゴロで2点を追加。7回にも桧山、矢野の連続タイムリーで2点を加えた。投げては最多勝を目指す下柳が緩急自在の投球で5回を無失点。その後、藤川、ウィリアムズ、久保田の『JFK』が試合を締めくくった。
posted by 野球タロウ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。