2005年10月28日

日本シリーズ出場球団の収入は大幅減

日本プロ野球組織(NPB)は28日、今年の日本シリーズに出場したロッテ、阪神への分配金額をまとめ、発表した。
 出場球団の収入となる「球団資金」として、約1億2700万円ずつを両球団に分配。また、「選手資金」は優勝のロッテに約9600万円、阪神には約6400万円が分配される。各選手、監督、コーチへの配分法は球団に任されている。
 選手資金は第4戦までの収入から計算されるため、例年とほぼ同じ。だが、全試合の収入から割り出される球団資金は4戦で終了したことから、7試合だった昨年(西武−中日)の約2億9100万円に比べ大幅に少ない。NPBに入る「機構資金」も昨年の約3億1800万円から約1億2600万円に減少した。
posted by 野球タロウ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8697975

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。