2005年10月25日

沢村賞にソフトバンク・杉内

今年のプロ野球で最も活躍した先発完投型投手に贈られる沢村賞の選考委員会(委員長・藤田元司元巨人監督)が24日、東京都内のホテルで開かれ、18勝を挙げてパ・リーグ最多勝と最優秀防御率の両タイトルに輝いたソフトバンクの杉内俊哉投手(24)が選ばれた。同投手は初受賞。ソフトバンクからの受賞は2003年の斉藤和巳(当時ダイエー)以来。
 杉内は26試合で196回3分の2を投げ、防御率2.11、勝率8割1分8厘、完投8、218奪三振。チームのレギュラーシーズン1位の原動力となった。
 選考過程で、杉内は投球回数と完投試合数で審査基準に足りなかったが、成績がロッテ・渡辺俊、ソフトバンク・斉藤、西武・西口などの他候補を引き離しているとして、満場一致で選出された。 
posted by 野球タロウ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

城島、左すね骨折 残り試合出場は絶望的

ソフトバンクの城島健司捕手(29)は22日、ロッテ最終戦(千葉)の7回に自打球を左すねに当てて途中交代した。千葉市内の病院でエックス線検査を受けた結果「左すね骨折」と診断され、プレーオフを含め今季の残り試合の出場が絶望的となった。
 今季の城島は116試合に出場し、打率3割9厘、24本塁打、57打点。7月に痛めた右肩の影響で8月には約2週間、2軍で調整。9月10日から、捕手として本格的に戦列に復帰したばかりだった。
 城島は23日に福岡市内の病院で精密検査を受ける。
posted by 野球タロウ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

ソフトバンクの王貞治監督 WBC日本代表監督就任に前向き

ソフトバンクの王貞治監督は12日、来年3月に初開催される国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の日本代表監督就任に前向きな姿勢を示した。
 同日、日本プロ野球組織(NPB)から代表監督就任を要請する文書が球団に届いた。国際舞台での指揮を打診された王監督は「お鉢を回してもらう以上、いい結果を出せる態勢にしないと。五輪ほどではないかもしれないが、日の丸を背負うんだから」と意欲的な言葉を口にした。
 WBCについては、NPBが選手会と故障時の補償などについて協議を重ねている。
posted by 野球タロウ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

ソフトバンクの松中が1000本安打達成

ソフトバンクの松中内野手は30日、ロッテ12回戦(ヤフードーム)の6回に二塁打を放ち、通算1000本安打を達成した。プロ野球235人目。初安打は1997年5月31日、西武9回戦(福岡ドーム)の4回に石井丈から。 
posted by 野球タロウ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ソフトバンクのバティスタが球団7000号

ソフトバンクのバティスタ内野手は11日、ヤクルト5回戦(ヤフードーム)の5回に石川から14号本塁打を放ち、球団通算7000号を達成した。1号は、南海時代の1938年10月8日に鈴木芳太郎がイーグルス戦(後楽園)で記録した。
posted by 野球タロウ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

福岡ソフトバンク・ホークス城島が通算200号ホームラン

ソフトバンクの城島捕手は2日の阪神6回戦(甲子園)の8回、藤川から本塁打を放ち、通算200本塁打を達成した。プロ83人目。初本塁打は1996年9月10日の近鉄21回戦(福岡ドーム、現ヤフードーム)の5回に久保から。

高島屋234x60
posted by 野球タロウ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

ソフトバンクの松中が200号本塁打

ソフトバンクの松中内野手はロッテ6回戦(ヤフードーム)の9回、渡辺俊から今季3号ソロ本塁打を放ち、通算200本塁打を達成した。プロ野球82人目。初本塁打は1998年9月5日の西武22回戦(福岡ドーム=現ヤフードーム)の3回に西口から。 
posted by 野球タロウ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

王ホークス700勝達成

経験と歴史の差を見せつけた。ソフトバンクが新規参入球団を相手に貫録の逆転勝利。これが就任11年目、王ホークスの通算700勝目。試合後、花束を渡された指揮官は「何も聞いていなかったよ。699勝った次が700というだけだからね」と戸惑いながらも、両手を挙げ、スタンドの大歓声に応えた。
 公式戦初の“IT対決”。しかも、相手は前日、ロッテに26失点の歴史的大敗。「つかみどころがなく、気分的にやりにくいという気持ちはあった」。王監督は素直な心境を明かしたが、“先輩”は足をすくわれることはなかった。
 王監督が10年かけて築き上げた看板の強力打線が底力を発揮した。1点を先制された直後の五回、カブレラの右前打を皮切りに松中の右中間二塁打など5本の長短打を絡め、一挙4点で逆転。六回にはズレータも特大1号ソロ。通算1勝の楽天を圧倒した。
posted by 野球タロウ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

オスカー美女軍団 福岡ヤフードーム開幕セレモニーに出演

新生パ・リーグの船出を各球場で芸能人が花を添えた。大手芸能事務所「オスカープロモーション」に所属する女優の上戸彩(19)、米倉涼子(29)、菊川怜(27)、石川亜沙美(27)、田丸麻紀(26)は26日、福岡ヤフードームで行われた福岡ソフトバンク・ホークスの開幕セレモニーに出演。
posted by 野球タロウ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

福岡ソフトバンクホークス、カメラ30台でネット中継

ソフトバンクは、本拠地ヤフードームでの初戦となった1日の中日戦から、球場内に設置した30台のカメラで、インターネットのライブ中継を始めた。一般のウェブサイト、傘下のヤフーBBとも試合開始1時間前の午後5時から中継をスタートする予定だったが、画面表示の不具合から一般のウェブサイトは6時20分、ヤフーBBは6時3分に開始した。2日以降もヤフードームの主催試合でインターネット中継を行う。

さすがITやってくれますね、頑張ってもらいたい。
posted by 野球タロウ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。