2005年11月01日

楽天・野村監督が正式決定 3年契約、背番号は19

楽天は1日、次期監督として野村克也氏(70)=社会人野球シダックス監督=と正式契約を結んだと発表した。来季で5年ぶりのプロ野球界復帰が正式に決まった。契約金1億円、年俸1億5000万円で3年契約とみられる。背番号は現役時代に付けた「19」。
 野村氏は19日に開幕する社会人日本選手権までシダックスで指揮を執るため、就任会見はその後になる。
 楽天は参入1年目の今季、38勝97敗1分けの不振で田尾安志監督を解任。卓越した野球理論や選手再生に定評のある野村氏に就任を打診し、野村氏は10月19日に受諾を伝えていたが、契約の細部の交渉が残っていた。
posted by 野球タロウ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽天イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

野村克也氏、楽天の新監督に チーム再生に大きな期待

楽天の新監督に野村克也氏(70)=社会人野球シダックス監督=の就任が20日決まった。就任要請を受けていた野村氏が19日に球団幹部に受諾の意向を伝えた。
 野村氏は正式契約を交わしてないこともあり「あまり引っ張っても球団に迷惑が掛かる。(楽天に)前向きに考えると伝えた」と語るにとどまったが、阪神監督以来5年ぶりのプロ野球界復帰が決まった。
 野村氏が受諾したことを明らかにした楽天の島田亨球団社長は「これでようやくチーム作りが始まる予感がする」と期待感を口にし、元ヤクルトの池山隆寛氏らが候補に挙がるコーチ人事を早急に進める考えを示した。
posted by 野球タロウ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽天イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

楽天、田尾監督を解任

プロ野球楽天は25日、フルキャストスタジアム宮城で行われたロッテ戦の試合終了後、田尾安志監督(51)の今季限りでの解任を発表した。約半世紀ぶりに生まれた新球団の初代監督は記録的な成績不振のため、わずか1年の短命に終わった。
 米田純球団代表は「より強いチームをつくるためには、避けて通れない道」と説明し、今季の残り2試合は同監督が指揮を執る。後任については「未定」としているが、監督経験者を軸に水面下で既に人選を進めており、ヤクルト、阪神などの監督を務めた野村克也氏(70)=社会人野球シダックス監督=らの名前も挙がっている。
 田尾監督は記者会見で「(解任は)今朝の練習前に言われた。悔いも残るが、勝負の世界だから、責任を取らないといけない」と語った。
posted by 野球タロウ at 22:34| Comment(1) | TrackBack(1) | 楽天イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

二重広告のルール違反で楽天がユニホーム差し替え

新規参入球団の楽天が14日、ユニホームの差し替えを命じられた。この日、都内で行われた12球団代表者会議で、パ・リーグにチームロゴとして届け出ていたユニホーム右袖の「楽天市場」のロゴマークが広告と指摘されたもの。左袖に「楽天トラベル」の広告ロゴを着用しているため、二重広告のルール違反とされ、球団はこの日、ユニホームのデザイン変更を発注した。

 記念すべき新規参入の開幕12日前に、まさかのドタバタ変更だ。構造改革協議会後に開催された12球団代表者会議。そこで交流試合を前提にした、ユニホームのロゴマークの確認が行われ、楽天が問題視された。

 これまで楽天は、右袖に「楽天ICHIBA」、左袖に「楽天トラベル」のロゴを入れているが、昨秋の新規参入決定直後に右袖の「楽天市場」はチーム名に由来するとパ・リーグに届け出て了承されていた。だがこの日突然、セの複数球団から「“ICHIBA”はチーム名ではなく、広告にあたるのではないか」と指摘された。

 もともと経営難の球団が多く広告に対して寛大なパに比べて、セは厳格。それだけに『ICHIBA』を見逃せなかったようだ。ヘルメット、ユニホームの袖の広告は両リーグとも1つずつOK。すでに楽天は左袖に広告ロゴを入れており、「楽天市場」が広告とされると複数使用となって申し合わせ違反となる。

 「それぞれのロゴが広告にあたるかどうかを確認したが、それがセとパで違うということ」と楽天・井上取締役は険しい表情で振り返った。それでも会議では、楽天市場のロゴの削除を約束。会議後、すぐにユニホームを製造する用具メーカー2社に対して右袖のデザイン変更を発注した。
楽天はともかくパリーグは財政難だから、2重広告ルールを見直しても良いんじゃないかな。
posted by 野球タロウ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽天イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

楽天イーグルス ネット中継10万円で販売

プロ野球の新球団、楽天イーグルスは主催全68試合のインターネット生中継を視聴できる「スーパーインターネットクラブ」を年間10万円、500人限定で売り出し、3日から系列のネット商店街「楽天市場」で販売を開始した。
 本拠地フルキャストスタジアム宮城(県営宮城球場を改称)の試合では、基本中継映像のほかにネット裏の「砂かぶり席」など4カ所に設置されたカメラを自由に切り替えて楽しめる。
 情報技術(IT)のライバル球団、ソフトバンクホークスは3月1日のオープン戦から30台のカメラを使ったネット中継を実施、当面は無料としている。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
posted by 野球タロウ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 楽天イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。