2005年10月29日

広島が新体制を発表

広島は29日、ブラウン監督率いる来季のコーチ陣を発表した。打撃担当に小早川毅彦、投手担当に清川栄治両氏がそれぞれ就任した。
 主なスタッフは次の通り。
 ▽監督 マーティ・ブラウン(42)▽打撃 小早川毅彦(43)▽投手 清川栄治(44)▽ブルペン投手 小林幹英(31)▽内野守備・走塁 高信二(38)▽外野守備・走塁 阿部慶二(44)▽バッテリー 熊沢秀浩(39)▽2軍監督 山崎立翔(47)。 
posted by 野球タロウ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

広島・前田が300二塁打達成

広島の前田外野手は4日の巨人21回戦(東京ドーム)の5回、野間口投手から右翼線へ適時二塁打を放ち、通算300二塁打を達成した。プロ野球44人目。初二塁打は1990年6月6日のヤクルト8回戦(広島)の1回、西村投手から。 
posted by 野球タロウ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

野村謙二郎内野手 今季限りで引退

プロ野球広島の野村謙二郎内野手(38)が今季限りで引退することが15日、分かった。16日に広島市民球場内の球団事務所で引退会見を開く。
 今季は6月23日に史上33人目、広島の生え抜き選手では3人目の通算2000安打を達成した。しかし、その後は先発を外れる試合が増え、主に代打での出場が続いていた。球団によると、9月上旬に引退の意向を伝えていたという。
 野村は駒大から1989年にドラフト1位で広島に入団。91年のリーグ優勝に貢献するなど、長く主力選手として活躍した。90、91、94年は盗塁王に輝き、3度のベストナインと1度のゴールデングラブ賞に輝いた。
posted by 野球タロウ at 10:46| Comment(1) | TrackBack(3) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

山本監督が今季で退団

広島カープの山本浩二監督(58)が今季限りで退団する。同監督が12日、明らかにした。広島は山本監督が就任した01年の就任以降、昨年まで4年連続でBクラスに低迷。今季も12日現在、最下位に沈んでいる。今月下旬にも松田元オーナー(54)に辞意を伝え、正式表明する。また、三村敏之ヘッド(57)も同日、辞意を表明した。

 山本監督は「今季限りという気持ちを自分の中で固めた」と、初めて明かした。「成績低迷の責任は感じている。ただ、辞めればそれで済むのか。立場を考えれば簡単には決められない」。昨年3月には球団の社外取締役に就任。「重役監督」の立場が重くのしかかっていた。
posted by 野球タロウ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。