2005年11月08日

ゴールデングラブ賞発表

プロ野球の守備の名手に贈られる三井ゴールデン・グラブ賞が8日発表され、31年ぶりの日本一に輝いたロッテが福浦和也一塁手と西岡剛二塁手、今江敏晃三塁手、小坂誠遊撃手でパ・リーグの内野手部門を独占した。ロッテはサブロー外野手を含め、球団最多の5人が受賞した。
 パではそのほか、松坂大輔(西武)が3年連続で投手部門リーグ最多の6度目の受賞。城島健司(ソフトバンク)は捕手部門で両リーグ最多の7年連続受賞。新庄剛志外野手(日本ハム)は2年連続で、阪神時代を含めて9度目の受賞となった。
 セ・リーグ制覇の阪神は矢野輝弘捕手とシーツ一塁手、赤星憲広外野手が受賞した。荒木雅博二塁手は2年連続でリーグ最多の168票を獲得。中日からはそのほか井端弘和遊撃手と福留孝介外野手も選出された。最多勝の黒田博樹投手(広島)は初受賞。巨人からは2年続けて選出されなかった。
 選考は全国の新聞、通信、放送各社のプロ野球担当記者の投票で行われ、有効投票総数はセが187、パが142。
posted by 野球タロウ at 22:02| Comment(50) | TrackBack(4) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

プロ野球オーナー会議 楽天問題は継続審議

プロ野球オーナー会議が4日、札幌市内のホテルで行われ、楽天イーグルスを保有する楽天が、横浜ベイスターズの親会社TBSの筆頭株主になり野球協約違反が指摘されている問題を協議したが、結論は出さずに継続審議とした。
 会議の議長を務めるオリックスの宮内義彦オーナーは記者会見で「協約に抵触の疑いが強いという意見が多かったが、次回のオーナー会議まで(楽天とTBS統合問題の)推移を拝見させていただき、その結果によって次のステップに進みたい」と語った。
 野球協約では公正な試合確保のため、球団やオーナーによる他球団の株式保有を原則禁止している。オーナー会議に出席した楽天の三木谷浩史オーナーは、会議後、「不公正なことをしているわけではない」と述べた。
posted by 野球タロウ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金本知憲と杉内俊哉がMVP初受賞 新人王は青木宣親と久保康友

プロ野球の最優秀選手(MVP)に4日、セ・リーグは阪神の2年ぶりのリーグ制覇に貢献した金本知憲外野手、パは最多勝と最優秀防御率のタイトルに輝いたソフトバンクの杉内俊哉投手が選ばれた。ともに初受賞。
 最優秀新人(新人王)は史上2人目のシーズン200安打を達成し、首位打者に輝いたヤクルトの青木宣親外野手と、10勝(3敗)を挙げたロッテの久保康友投手が選出された。
 プロ野球担当記者による投票結果が同日、セ・パ両リーグから発表され、金本は次点の藤川球児投手(阪神)に大差をつけた。杉内は1位票で打撃2冠の松中信彦(ソフトバンク)を下回ったものの、2位票でポイントを稼いだ。
 ベストナインはパで過去最多に並ぶ7人が初受賞。ロッテから日本シリーズMVPの今江敏晃三塁手、堀幸一二塁手ら4選手が選ばれ、堀は最も遅い18年目で初受賞。セは阪神から打点王の今岡誠三塁手、赤星憲広外野手ら4人、最下位の広島から最多勝の黒田博樹投手と本塁打王の新井貴浩一塁手が初めて選ばれた。オリックスは阪急時代を含めて39年ぶり、巨人は12年ぶりに受賞者が出なかった。
posted by 野球タロウ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

楽天「協約違反」など論議 4日オーナー会議

プロ野球のオーナー会議が4日午後、札幌市内のホテルで開催される。楽天のTBS株取得や阪神球団株の上場問題などを話し合うが、野球協約の改正を視野に入れた論議になりそうだ。
 球団を持つ楽天が横浜の親会社であるTBSの筆頭株主となった問題に関しては、楽天の三木谷浩史オーナーが出席して説明する予定。10月21日の実行委員会では楽天を除く11球団が、複数球団の株式所有などを原則禁じた野球協約183条に抵触するとの認識で一致し、オーナー会議でも「協約違反」との判断を下す可能性が高い。ただ、根来泰周コミッショナーは楽天への制裁などには慎重な姿勢を示しており、どんな対応策を打ち出すか注目される。
posted by 野球タロウ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

審判団も悲鳴!2段モーション見直しも

ついに審判団も悲鳴を上げた。中日の沖縄秋季キャンプに合流しているセ・リーグの渡田均審判員(47)は30日、来季から導入される2段モーションの判断基準を見直す可能性を示唆した。中日から不満の声が噴出したことを受け、セ・リーグの井野修審判部長(51)が11月10日にも沖縄入りし、対応に当たる。また、宮崎秋季キャンプに参加中の巨人・上原浩治投手(30)も審判団に対する不信感をあらわにした。
posted by 野球タロウ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

日本シリーズ出場球団の収入は大幅減

日本プロ野球組織(NPB)は28日、今年の日本シリーズに出場したロッテ、阪神への分配金額をまとめ、発表した。
 出場球団の収入となる「球団資金」として、約1億2700万円ずつを両球団に分配。また、「選手資金」は優勝のロッテに約9600万円、阪神には約6400万円が分配される。各選手、監督、コーチへの配分法は球団に任されている。
 選手資金は第4戦までの収入から計算されるため、例年とほぼ同じ。だが、全試合の収入から割り出される球団資金は4戦で終了したことから、7試合だった昨年(西武−中日)の約2億9100万円に比べ大幅に少ない。NPBに入る「機構資金」も昨年の約3億1800万円から約1億2600万円に減少した。
posted by 野球タロウ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

プロ野球 2005年高校生ドラフト

阪神
1 鶴 直人 投 近大付高
2 × × ×
3 若竹 竜士 投 育英高
4 前田 大和 内 樟南高
   
中日
1 平田 良介 外 大阪桐蔭高
2 × × ×
3 春田 剛 外 水戸短大付高
4 高江洲 拓哉 投 府中工高
5 金本 明博 投 酒田南高
   
横浜
1 山口 俊 投 柳ケ浦高
2 × × ×
3 黒羽根 利規 捕 日大藤沢高
 
ヤクルト
1 村中 恭平 投 東海大甲府高
2 × × ×
3 川端 慎吾 内 市和歌山商高
4 水野 祐希 捕 東邦高
 
巨人
1 辻内 崇伸 投 大阪桐蔭高
2 × × ×
3 加登脇 卓真 投 北照高
4 福井 優也 投 済美高
   
広島
1 鈴木 将光 外 遊学館高
2 今井 啓介 投 中越高
3 斉藤 悠葵 投 福井商高
4 相澤 寿聡 投 太田市商高

ソフトバンク
1 荒川 雄太 捕 日大高
2 × × ×
3 大西 正樹 投 神戸国際大付高
4 大田原 隆太 投 都城工高
5 川口 容資 投 楊志館高
   
ロッテ
1 柳田 将利 投 青森山田高
2 林 啓介 投 福井商高
3 末永 仁志 投 南京都高
4 細谷 圭 内 太田市商高

西武
1 炭谷 銀仁朗 捕 平安高
2 × × ×
3 田沢 由哉 投 旭川大高
4 田中 靖洋 投 加賀高
 
オリックス
1 岡田 貴弘 外 履正社高
2 × × ×
3 柴田 亮輔 内 愛工大名電高

日本ハム
1 陽 仲壽 内 福岡第一高
2 × × ×
3 木下 達生 投 東邦高
4 今成 亮太 捕 浦和学院高
 
楽天
1 片山 博視 投 報徳学園高
2 × × ×
3 宇部 銀次 捕 盛岡中央高
4 枡田 慎太郎 外 智弁学園高
posted by 野球タロウ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

ワールド・ベースボール・クラシック参加決定「王ジャパン」でチーム編成へ

2006年3月に開催される野球の国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)への日本の参加が16日、正式に決まった。難色を示していた日本プロ野球選手会(会長=ヤクルト・古田敦也捕手)の松原徹事務局長らが同日、日本プロ野球組織(NPB)を訪れ、最終的な回答として参加する意向を伝えた。NPBは既に、ソフトバンクの王貞治監督を代表監督に内定。今後は選手やコーチの選考を急ぐことになった。
 WBCをめぐっては当初、NPB、選手会とも米大リーグ主導の開催方法などを疑問視していた。NPBは6月、2回目以降の開催方法の再検討など、条件付きでの参加方針を示した。これに対し、選手会は7月の総会で、開催の趣旨や時期などに問題が残るとして不参加を決議していた。
 選手会は、14日の事務折衝でNPBから示された出場手当や補償などの条件を持ち帰り、各球団の選手会長に連絡して意見を集約。「細かな点で不安はあるが、国際大会の意義を理解し、参加することにした」(松原事務局長)として、これまでの姿勢を変更した。
 WBCには16カ国・地域が参加予定。4組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームが2次リーグ(2組)に進む。さらに各組上位2チーム(4強)の決勝トーナメントで、世界一を争う。日本、韓国、台湾、中国によるアジア地区の1次リーグは06年3月3日から3日間、東京ドームで行われる。2次リーグ(同13〜15日)以降は米国で開催され、同20日が決勝となる
posted by 野球タロウ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

セリーグ再来年からプレーオフへ 今後、実施方法など検討

プロ野球セ・リーグの理事会が5日、東京都内で行われ、再来年からプレーオフ制度を実施することを前提に検討していくことで合意した。パ・リーグはすでに実施しているがセでは初めてとなる。
 これまでの理事会では来季からの導入も視野に入れて協議してきた。前向きな球団もあったが、十分に議論できていないなどの理由で来季からの導入は見送られた。今後は検討会(仮称)を設けて来年の交流戦の時期をめどに具体案を詰めることになった。
posted by 野球タロウ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

プロ野球試合結果 阪神と中日ゲーム差0.5

阪神 5-7 中日 16回戦
勝 川上 21試合11勝5敗
S 岩瀬 50試合1勝1敗38S
敗 井川 22試合11勝6敗
本塁打 今岡22号(2)(川上)矢野14号(1)(川上)ウッズ31号(4)(井川)福留20号(1)(井川)桧山7号(1)(川上) 
中日は0−3の3回、ウッズの逆転満塁弾などで5点、4回にも2点を加えた。終盤は小刻みな継投でかわし今季2度目の7連勝で、首位阪神に0・5ゲーム差と迫った。川上は11勝目。阪神は井川が4回途中、7失点で沈んだ

巨人 8-7 ヤクルト 16回戦
勝 久保 54試合6勝3敗7S
S 林 46試合2勝2敗11S
敗 五十嵐 37試合3勝2敗4S
本塁打 岩村24号(1)(ミアディッチ)二岡15号(3)(ゴンザレス)小久保27号(1)(ゴンザレス)
巨人が6点差をひっくり返し、連敗を3で止めた。6−6の8回に二岡の犠飛、小久保の適時打で2点を勝ち越した。6回以降は救援陣が何とか踏ん張り、勝機をつないだ。ヤクルトは投手陣がリードを守れず、連勝は4でストップ。

横浜 11-4 広島 15回戦
勝 加藤 33試合4勝5敗
敗 大島 3試合1勝1敗
本塁打 石井5号(2)(広池)栗原11号(2)(秦)多村25号(1)(天野)新井37号(2)(秦)
横浜が序盤の猛攻で連敗を5で止めた。1回に種田、村田の連続2点二塁打などで5点を先制。2回に3点、3回には石井の2ランで大勢を決めた。広島は新井の37号2ランなどで反撃したが、先発・大島の失点が重過ぎた

ソフトバンク 6-3 ロッテ 16回戦
勝 斉藤 18試合15勝
S 馬原 35試合6勝6敗17S
敗 清水 21試合9勝10敗
本塁打 カブレラ8号(2)(清水)
ソフトバンクがこの2連戦2連勝し、1位マジック15を初点灯させた。5回、カブレラの2ランと犠飛で逆転。6、8回に鳥越が2打席連続適時打して加点した。斉藤は8回途中まで3失点で、開幕15連勝のプロ野球タイ記録をマーク。

オリックス 1-8 西武 17回戦
勝 松坂 24試合11勝12敗
敗 川越 20試合5勝8敗
本塁打 カブレラ34号(1)(川越)中島10号(1)(阿部健)片岡4号(3)(阿部健)
西武が今季初の5連勝で3位に浮上した。同点の7回に中島の適時二塁打などで3点を勝ち越し。9回にも片岡の3ランなどで4点を奪った。丁寧な投球が光った松坂は1失点完投で11勝目。オリックスは3度目の5連敗で4位転落

楽天 6-1 日本ハム 18回戦
勝 朝井 12試合2勝4敗
敗 金村 23試合11勝10敗
楽天は、朝井のプロ初完投勝利で連敗を5で止めた。カーブなどで緩急を大胆に使い、許したのは7安打。打線は2回に佐竹の二塁打などで2点を先行し、中盤に川口の2本の適時打などでリードを広げた。日本ハムは5連勝を逃した。
posted by 野球タロウ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

セ・パ交流戦実現では来季から[マンデー パ・リーグ]廃止

プロ野球のパ・リーグは来季から、「マンデー パ・リーグ」の廃止を決めたことが26日、分かった。観客動員数でセ・リーグに水を開けられたパが独自色を打ち出そうと、プロ野球で初の試みとして01年から導入していた。パ理事会で「セ・パ交流戦が実現したことで役割を終えた」と来季から廃止することで一致していた
posted by 野球タロウ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

2005オールスター 第2戦試合結果 甲子園

全セ 5-3 全パ 第2戦
勝 黒田 1試合1勝
S 藤川 2試合1S
敗 杉内 1試合1敗
本塁打 李1号(2)(下柳)城島1号(1)(工藤)
阪神勢が全セの2連勝を引き寄せた。1回に赤星と今岡の連打で1点を先制。金本の二塁打で好機を広げ、岩村と前田の連打で2点を加えた。4回は李に2ランを喫した直後に今岡が適時打。5回は前田が左前打で加点した。
 全パは先発の杉内が2回3失点と誤算。6回に城島が豪快な一発で反撃したが、五十嵐−藤川の継投に抑え込まれた。
posted by 野球タロウ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005オールスター第1戦 西武ドーム 試合結果

全パ 5-6 全セ 第1戦
勝 五十嵐 1試合1勝
S クルーン 1試合1S
敗 西口 1試合1敗
本塁打 小笠原1号(1)(上原)清原1号(1)(西口)
全セが競り勝った。2−5の5回、清原が球宴通算13号ソロ本塁打を放って反撃開始。6回に鳥谷と藤本の連打などで1死満塁と攻め、内野ゴロで1点差とした後、2死二、三塁から金城が右中間に逆転の2点二塁打を放った。金城は3安打3打点と活躍した。
全パは3回に松中と和田の連続長打で逆転したが、5回以降は継投で反撃をかわされた。



posted by 野球タロウ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

ロンドン五輪は26競技 野球除外のIOC総会

2012年ロンドン五輪の実施競技から野球、ソフトボールの除外を決めた国際オリンピック委員会(IOC)は8日夜、シンガポールでの総会で両競技に代わる新実施競技の採否を投票に諮ったが、最終候補に残った空手とスカッシュは採用に必要な賛成票を得られず見送りとなった。この結果、12年ロンドン五輪は、2000年シドニー五輪から08年北京五輪までの28競技より2競技減の26競技で開催されることになった。
 IOCは当初、同日の理事会で新競技候補を絞り込み、9日の総会で最終決定する予定だった。だが審議の透明性を高めるため、絞り込みも含めて一気に総会での投票にかけられた

トップバナー468_60
posted by 野球タロウ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

プロ野球のオールスターファン投票、神勢が6部門占める

プロ野球のオールスターゲーム運営委員会は7日、ファン投票の最終結果を発表し、首位を走る阪神の選手がセ・リーグ11部門のうち6部門でトップを占めた。パ・リーグは首位のソフトバンク勢が4選手、好調のロッテからも3人が選ばれた。全体の最多得票は昨年に続いて城島(ソフトバンク)が70万5999票を獲得し、9年連続でファン投票で選出された。
 阪神はセ最多の60万5468票を集めた赤星や金本、今岡、藤本に加え、初出場となる藤川と鳥谷が初選出。ソフトバンクは城島、松中、川崎、ズレータで、ロッテは小林雅と初出場の薮田、西岡が入った。初めてファン投票で選出されたのは黒田(広島)礒部(楽天)を含め計6人。

バナー
posted by 野球タロウ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

交流戦来季も1球団36試合 開催方法などは継続協議

プロ野球の実行委員会が4日、東京都内で開かれ、来季が導入2年目となるセ、パ両リーグによる交流戦について協議し、今季と同じ各カード6試合(ホーム、ビジターそれぞれ3試合)の1チーム36試合制で実施することを了承した。
 オールスター前に開催することは変わらないが、一時期に集中開催にせず、前後半に分ける案もあり、今後はセ、パの営業担当者会議などで調整してから決定する予定。
 また、今秋のドラフト会議で四国独立リーグから選手を獲得する場合は全選手を対象としていたが、来季以降は高校卒業後は3年、大学卒業後は2年を経ないと指名できないことで合意した。またドラフト改革や選手枠拡大などの構造改革は13日の12球団代表者会議で集中討議することになった。
posted by 野球タロウ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

長嶋元監督が巨人戦観戦 1年4カ月ぶりに公の場に

長嶋茂雄元巨人監督(69)が3日、東京ドームで午後5時から行われた巨人−広島9回戦を観戦し、脳梗塞(こうそく)から回復した姿をファンに披露した。
 長嶋氏が公の場に姿を現すのは、緊急入院2日前の昨年3月2日に開かれた巨人を応援する財界人の会合「燦燦(さんさん)会」に出席して以来1年4カ月ぶり。長嶋氏は午後4時に球場に車で到着。バックネット裏にあるスイートルームのバルコニー席に座り、巨人球団代表特別補佐を務める長男の一茂氏、滝鼻卓雄オーナー、渡辺恒雄球団会長らとともに試合を見守った。
 試合開始直前に、長嶋氏がバルコニー席に現れ、何度も左手を振る姿が大型ビジョンに映し出されるとスタンドからは大きな歓声が上がった。
posted by 野球タロウ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

オールスターファン投票中間発表 阪神勢9ポジション占領

プロ野球サンヨーオールスターゲーム(7月22、23日)のファン投票は27日、最終中間発表が行われ、セ・リーグは阪神が先発投手と一塁手を除く9ポジションを占めた。パ・リーグはロッテとソフトバンクが各4部門でトップを分け合った。
 ファン投票の最終結果は7月7日、監督推薦を含めた全陣容は8日に発表される。
 セの先発投手は上原、一塁手は清原(ともに巨人)がトップに立ち、パの外野手では新庄(日本ハム)が大きくリードしている。
 両リーグを通じた最多得票は城島捕手(ソフトバンク)の53万5352票、セは赤星外野手(阪神)が50万6963票で1位。

実況パワフルプロ野球12
実況パワフルプロ野球12
posted by 野球タロウ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

交流戦MVPにロッテ・小林宏之

今年初めて行われたプロ野球の交流戦を協賛した日本生命は20日、勝率1位のチームから選出する最優秀選手賞(MVP)に小林宏之投手(ロッテ)が決まったと発表した。同投手には賞金200万円が贈られる。
 小林宏は交流戦で6試合に登板して負けなしの5勝。打っても10打数3安打3打点と、投打にわたる活躍でロッテの交流戦制覇に貢献した。
 活躍が顕著だった選手が対象となる日本生命賞(賞金100万円)には、パ・リーグから中村剛也内野手(西武)、セ・リーグからは金本知憲外野手(阪神)がそれぞれ選ばれた。中村は交流戦最多タイの12本塁打。金本は打率3割9分3厘(2位)で、パの全球団から計11本塁打を放った。 
posted by 野球タロウ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

ソフトバンクの杉内が連続受賞、セリーグ野手は9年ぶり金本−プロ野球・月間MVP

セ、パ両リーグは3日、5月の月間最優秀選手(MVP)を発表。セは黒田博樹投手(広島)と金本知憲外野手(阪神)、パは杉内俊哉投手(ソフトバンク)と石井義人内野手(西武)がそれぞれ選ばれた。
 黒田は月間3完投を含む4勝1敗、防御率2.14の成績で4年ぶり2度目の受賞。金本は打率4割4厘、8本塁打、29打点の好成績を残し、9年ぶり2度目の受賞。
 杉内は4勝1敗、防御率1.67で4月に続く3度目の受賞。パ投手の連続受賞は、昨年の岩隈久志(近鉄=現楽天)に次いで5人目。石井は打率3割9分5厘を記録し、入団9年目で初受賞。 

バナー
posted by 野球タロウ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。