2005年10月26日

日本シリーズ第四戦 ロッテ4連勝で日本一!!

阪神 2-3 ロッテ 第4戦
勝 セラフィニ 1試合1勝
S 小林雅 1試合1S
敗 杉山 1試合1敗
本塁打 李3号(2)(杉山)
ロッテが1点差で際どく逃げ切り、4連勝で31年ぶりの日本一に輝いた。
 李が主役だった。2回2死二塁から杉山の変化球を右翼に豪快に運び、4回にも1死二塁から左中間に二塁打を放った。全3打点、パワーがキラリと光った。マウンドは前半はセラフィニが好投し、後半は小刻みなリレーが奏功した。
 阪神は6回、今岡らの適時打で追い上げた。しかし、矢野の併殺打で逆転ムードがなえた。4連敗、悔いばかりが残るシリーズとなった。
posted by 野球タロウ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

日本シリーズ第三戦 ロッテ3連勝で日本一へ王手

阪神 1-10 ロッテ 第3戦
勝 小林宏 1試合1勝
敗 下柳 1試合1敗
本塁打 福浦1号(4)(桟原)
ロッテが3試合連続の2けた得点で3連勝、勢いが加速して日本一へあと1勝とした。
 7回にビッグイニングが生まれた。まず無死満塁から代打橋本の中前打で2点。西岡も適時打で続き、再度の無死満塁から福浦が右翼へライナーでの一発。スタンドの悲鳴の中で勝負がついた。先発小林宏は6回1失点、低めの変化球が効果的で安定した内容だった。
 阪神はまた打てなかった。赤星が塁に出られず、金本も沈黙が続く。キーマンが機能せず、打線が死んでいる。
posted by 野球タロウ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

日本シリーズ第二戦 ロッテ10-0阪神 ロッテ2連勝!!

ロッテ 10-0 阪神 第2戦
勝 渡辺俊 1試合1勝
敗 安藤 1試合1敗
本塁打 サブロー1号(2)(安藤)フランコ1号(1)(安藤)イ・スンヨプ2号(2)(江草)
ロッテの渡辺俊がシリーズ史上11人目の初登板完封。無四球と安定した制球で丁寧に低めを突いて4安打に封じた。打線は2点を先行し、追加点の欲しい中盤に援護。6回はサブロー、フランコ、イ・スンヨプの3本塁打などで5点を奪った。1回は失策、2回は併殺の間の得点だったが、ともに無死からの走者を犠打や右打ちでつないだことが得点につながった。
 阪神は打線が沈黙。2試合連続で無安打の金本と今岡の中軸が不振。投手陣も2戦連続で2けた失点と精彩を欠いた。
posted by 野球タロウ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

日本シリーズ第一戦 ロッテ10-1阪神 7回裏濃霧コールドゲーム

ロッテ 10-1 阪神 第1戦
(7回裏1死濃霧コールドゲーム)
勝 清水 1試合1勝
敗 井川 1試合1敗
本塁打 今江1号(1)(井川)李1号(1)(井川)里崎1号(3)(橋本)ベニー1号(2)(橋本)
ロッテは1−1とされた直後の5回無死一、二塁から今江の二塁打で勝ち越し。さらにサブローの2点二塁打で計3点を奪った。6回は李のソロ、7回は里崎の3ランとベニーの2ランで加点。濃霧でコールドゲームとなる7回途中まで4本塁打を含む先発全員で毎回の15安打を放った。先発の清水は安定した制球で7回1失点。
 阪神は6回5失点の井川の不調が痛かった。9三振を奪ったが、要所で球が甘く痛打された。打線も金本、今岡が無安打でつながりを欠いた。
posted by 野球タロウ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。