2005年10月28日

阪神の岡田監督がオーナー報告

阪神の岡田監督は28日、大阪市の阪神電鉄本社で手塚オーナーにシーズン終了を報告した。今季は打順の変更や内野陣のコンバート、藤川の中継ぎ固定が成功し、2年ぶりにセ・リーグを制覇。日本シリーズではロッテに4連敗を喫したが、同オーナーは「1年間ファンを楽しませてくれて、よくやってくれた」とねぎらいの言葉をかけた。
 報告を終えた岡田監督は「(日本シリーズで)また一つ悔しい思いをし、来年の目標、宿題になった。新しいチームをつくって戦っていきたい」と語った。阪神は11月8日からの高知・安芸での秋季キャンプで来季に向けて始動する。 
posted by 野球タロウ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人の桑田真澄投手30%減の年俸1億5000万円で契約更改

今季勝ち星なしに終わった巨人の桑田真澄投手(37)が28日、東京・大手町の球団事務所を訪れ、30%減の年俸1億5000万円で契約を更改した。
 桑田は登板12試合で0勝7敗、防御率7.25。大幅なダウン提示とはいえ、コーチ兼任などの条件もなく、「ありがたい契約をいただき、来季もプレーさせていただくことになった」と語った。
 通算200勝まで、あと28勝。「それが目標でずっとやってきた。今年は(勝ち星を)積み上げられなかったけれど、来年はいいことが起きると信じてトレーニングを積みたい」。限界説もささやかれる中、「後がない年になると思う。自分なりに新しいものを発見して前へ進みたい」と、背水の陣となる21年目のシーズンに向けて決意を口にした。(金額は推定)。 
posted by 野球タロウ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

日本シリーズ第四戦 ロッテ4連勝で日本一!!

阪神 2-3 ロッテ 第4戦
勝 セラフィニ 1試合1勝
S 小林雅 1試合1S
敗 杉山 1試合1敗
本塁打 李3号(2)(杉山)
ロッテが1点差で際どく逃げ切り、4連勝で31年ぶりの日本一に輝いた。
 李が主役だった。2回2死二塁から杉山の変化球を右翼に豪快に運び、4回にも1死二塁から左中間に二塁打を放った。全3打点、パワーがキラリと光った。マウンドは前半はセラフィニが好投し、後半は小刻みなリレーが奏功した。
 阪神は6回、今岡らの適時打で追い上げた。しかし、矢野の併殺打で逆転ムードがなえた。4連敗、悔いばかりが残るシリーズとなった。
posted by 野球タロウ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

沢村賞にソフトバンク・杉内

今年のプロ野球で最も活躍した先発完投型投手に贈られる沢村賞の選考委員会(委員長・藤田元司元巨人監督)が24日、東京都内のホテルで開かれ、18勝を挙げてパ・リーグ最多勝と最優秀防御率の両タイトルに輝いたソフトバンクの杉内俊哉投手(24)が選ばれた。同投手は初受賞。ソフトバンクからの受賞は2003年の斉藤和巳(当時ダイエー)以来。
 杉内は26試合で196回3分の2を投げ、防御率2.11、勝率8割1分8厘、完投8、218奪三振。チームのレギュラーシーズン1位の原動力となった。
 選考過程で、杉内は投球回数と完投試合数で審査基準に足りなかったが、成績がロッテ・渡辺俊、ソフトバンク・斉藤、西武・西口などの他候補を引き離しているとして、満場一致で選出された。 
posted by 野球タロウ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤクルト、古田新監督始動

プロ野球で29年ぶりに選手兼任として指揮を執る古田新監督の下、ヤクルトが25日、神宮外苑のグラウンドで秋季練習をスタートさせた。
 古田監督はまず、クラブハウスに1、2軍のコーチ、選手全員を集め、「ある程度変化がないと進歩につながらないと思う。可能性を信じて挑戦してほしい」などとあいさつ。外野手の青木、志田らに内野守備の練習をさせるなど、早速「古田カラー」を打ち出した。
 別のポジションへの挑戦は、攻撃力を最大限に引き出そうとの意図から。投手陣の先発、救援などの適性も見直すつもりだ。青木も「プレーの幅が広がる」と前向きに受け止めている。
 約70人の報道陣が詰めかけるなど注目度抜群の新監督。「この場面では見ているだけでいいのかな、とかコーチに聞きながらやった。正直、居場所がまだわかっていない」と、にこやかに初日を振り返ったが、「許せないこと? あきらめの早いやつかな」と厳しい一面ものぞかせた
posted by 野球タロウ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズ第三戦 ロッテ3連勝で日本一へ王手

阪神 1-10 ロッテ 第3戦
勝 小林宏 1試合1勝
敗 下柳 1試合1敗
本塁打 福浦1号(4)(桟原)
ロッテが3試合連続の2けた得点で3連勝、勢いが加速して日本一へあと1勝とした。
 7回にビッグイニングが生まれた。まず無死満塁から代打橋本の中前打で2点。西岡も適時打で続き、再度の無死満塁から福浦が右翼へライナーでの一発。スタンドの悲鳴の中で勝負がついた。先発小林宏は6回1失点、低めの変化球が効果的で安定した内容だった。
 阪神はまた打てなかった。赤星が塁に出られず、金本も沈黙が続く。キーマンが機能せず、打線が死んでいる。
posted by 野球タロウ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

日本シリーズ第二戦 ロッテ10-0阪神 ロッテ2連勝!!

ロッテ 10-0 阪神 第2戦
勝 渡辺俊 1試合1勝
敗 安藤 1試合1敗
本塁打 サブロー1号(2)(安藤)フランコ1号(1)(安藤)イ・スンヨプ2号(2)(江草)
ロッテの渡辺俊がシリーズ史上11人目の初登板完封。無四球と安定した制球で丁寧に低めを突いて4安打に封じた。打線は2点を先行し、追加点の欲しい中盤に援護。6回はサブロー、フランコ、イ・スンヨプの3本塁打などで5点を奪った。1回は失策、2回は併殺の間の得点だったが、ともに無死からの走者を犠打や右打ちでつないだことが得点につながった。
 阪神は打線が沈黙。2試合連続で無安打の金本と今岡の中軸が不振。投手陣も2戦連続で2けた失点と精彩を欠いた。
posted by 野球タロウ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

日本シリーズ第一戦 ロッテ10-1阪神 7回裏濃霧コールドゲーム

ロッテ 10-1 阪神 第1戦
(7回裏1死濃霧コールドゲーム)
勝 清水 1試合1勝
敗 井川 1試合1敗
本塁打 今江1号(1)(井川)李1号(1)(井川)里崎1号(3)(橋本)ベニー1号(2)(橋本)
ロッテは1−1とされた直後の5回無死一、二塁から今江の二塁打で勝ち越し。さらにサブローの2点二塁打で計3点を奪った。6回は李のソロ、7回は里崎の3ランとベニーの2ランで加点。濃霧でコールドゲームとなる7回途中まで4本塁打を含む先発全員で毎回の15安打を放った。先発の清水は安定した制球で7回1失点。
 阪神は6回5失点の井川の不調が痛かった。9三振を奪ったが、要所で球が甘く痛打された。打線も金本、今岡が無安打でつながりを欠いた。
posted by 野球タロウ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

野村克也氏、楽天の新監督に チーム再生に大きな期待

楽天の新監督に野村克也氏(70)=社会人野球シダックス監督=の就任が20日決まった。就任要請を受けていた野村氏が19日に球団幹部に受諾の意向を伝えた。
 野村氏は正式契約を交わしてないこともあり「あまり引っ張っても球団に迷惑が掛かる。(楽天に)前向きに考えると伝えた」と語るにとどまったが、阪神監督以来5年ぶりのプロ野球界復帰が決まった。
 野村氏が受諾したことを明らかにした楽天の島田亨球団社長は「これでようやくチーム作りが始まる予感がする」と期待感を口にし、元ヤクルトの池山隆寛氏らが候補に挙がるコーチ人事を早急に進める考えを示した。
posted by 野球タロウ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽天イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

ヤクルト古田監督決定 29年ぶり選手兼任監督

プロ野球ヤクルトの古田敦也捕手(40)が、選手兼任監督としてヤクルトの次期監督に就任することが18日、正式に決まった。2年契約で、古田選手は「プレーイングマネジャーとしてやることを受諾した。大変な仕事だが、両方とも全力を尽くしたい」と語った。労組・日本プロ野球選手会会長については、今季限りで退任する意向を示した。
 選手兼任監督は1977年の野村克也氏(南海、現社会人シダックス監督)以来となる。
 ヤクルト球団は若松勉前監督の後任として、生え抜きのスター選手である同選手に一本化し、9月22日に正式要請。古田選手はこの日、東京都内のヤクルト本社を訪れ、多菊善和球団社長らと交渉、選手補強や球団の営業面などに関する要望が認められ、球団側と合意した。
posted by 野球タロウ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。